【R】ggHoriPlot

1. はじめに

ggHoriPlotは、ggplotで時系列データで多用されるHorizon Plotを描いてくれるパッケージです。

2. インストール

Githubからインストールできます。

devtools::install_github("rivasiker/ggHoriPlot")

3. つかってみる

例にあるものをそのまま見てます。

コペンハーゲンの気象データです。この一日の平均気温を時系列でHorizonPlotしてみます。

データを整えてから、geom_horizonでプロットできます。

library(tidyverse)
library(ggHoriPlot) 
library(ggthemes)

utils::data(climate_CPH)
table(climate_CPH$Country)
cutpoints <- climate_CPH  %>% 
  mutate(
    outlier = between(
      AvgTemperature, 
      quantile(AvgTemperature, 0.25, na.rm=T)-
        1.5*IQR(AvgTemperature, na.rm=T),
      quantile(AvgTemperature, 0.75, na.rm=T)+
        1.5*IQR(AvgTemperature, na.rm=T))) %>% 
  filter(outlier)

ori <- sum(range(cutpoints$AvgTemperature))/2
sca <- seq(range(cutpoints$AvgTemperature)[1], 
           range(cutpoints$AvgTemperature)[2], 
           length.out = 7)[-4]

round(ori, 2) 

round(sca, 2) 

climate_CPH %>% ggplot() +
  geom_horizon(aes(date_mine, 
                   AvgTemperature,
                   fill = ..Cutpoints..), 
               origin = ori, horizonscale = sca) +
  scale_fill_hcl(palette = 'RdBu', reverse = T) +
  facet_grid(Year~.) +
  theme_few() +
  theme(
    panel.spacing.y=unit(0, "lines"),
    strip.text.y = element_text(size = 7, angle = 0, hjust = 0),
    axis.text.y = element_blank(),
    axis.title.y = element_blank(),
    axis.ticks.y = element_blank(),
    panel.border = element_blank()
  ) +
  scale_x_date(expand=c(0,0), 
               date_breaks = "1 month", 
               date_labels = "%b") +
  xlab('Date') +
  ggtitle('Average daily temperature in Copenhagen', 
          'from 1995 to 2019')

4. さいごに

ggplotの拡張パッケージでした。いろんな拡張ができてフィロソフィーのすばらしさに感激です。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です